芸能人ブログ!ざわごと。

芸能人のブログ。うわさの芸能ニュースをピックアップ!芸能人ブログ!うわさのざわごと。
芸能人ブログ!ざわごと。ヘッドライン!

  ■□超簡単! mixiを使って一ヶ月で33人の女性と芋づる式に出会う方法□■

芸能人ブログ!うわさのざわごと。ヘッドライン


お宝アイドルテレカ鑑定団

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

広末涼子「バブルの時代に生きていなくてよかった」 

恋愛寫眞狂乱の1990年3月の東京を舞台に繰り広げられるタイムスリップ・ラブコメディ『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』の完成記者会見が1月10日に行われ、阿部寛や広末涼子、薬師丸ひろ子、主題歌を歌う加藤ミリヤが登場。爆笑連続のバブル時の思い出などを披露した。
薬師丸は「広末さんの“お母さん役"ということでショックでした。(役で)若返りをするのも、厳しい現実」と笑いながら挨拶。また、「当時のメーク(極太まゆげなど)を今見ると変だなと話していたんですけれど、参考資料に当時の私の写真が使われていた」と吹っ切れながら暴露。さらに「撮影しているのか、旅行に来ているのかと思うぐらいに恩恵を受けた」とバブル時代の“金遣い"エピソードを披露し、会場の爆笑を誘った。
バブル時代を知らない広末と加藤は「ディスコのシーンなどは圧倒。あの時代に生きてなくてよかった。ボディコンなんて着れないですよ」(広末)、「私たちの世代は物心付いたときから不景気」(加藤)とドライな感想で、笑いを起こした。
なお、当時の自分が今の自分を想像できたかとの質問に阿部は「結婚していないのが、驚きだと思う。31歳ぐらいには結婚できると思ってた。しかも『結婚できない男』が高視聴率だったのがねぇ」と笑えない表情を浮かべた。オリコン

読モ愛用♪

芸能ランキング!

スポンサーサイト
[ 2007/01/12 ] 芸能ニュース | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。